中古車情報を検索するならカーセンサーラボ
produced by recruit
クルマカタログクルマカタログ カーセンサーラボ内のスズキの情報を集めました
カーセンサーラボメーカー一覧スズキ

スズキ「SUZUKI」情報

スズキ

1909(M42)年に設立された「鈴木式織機製作所」がスズキの前身。54(S29)年には「鈴木自動車工業」と改称して輸送機器の生産を本格化させた。4輪車への進出は55(S30)年デビューのスズライトが最初。その後もアルトなどの画期的な軽自動車を生み出していく。81(S56)年には資本強化のためにGMとの提携を選択。83(S58)年にはカルタスを発表し、約18年ぶりに小型乗用車市場に進出した。現在は卓越した"低コスト"のクルマ作り、インドをはじめとするアジア諸国や東欧などでの強固な基盤などが注目されている。

スズキの人気車種 & オススメの中古車

スズキの中古車を探す
スズキ ワゴンR

新着台数

195台
ワゴンR

新プラットフォームとマイルドハイブリッドを採用 軽ハイトワゴン市場を確立した、スズキの看板車種の6代目。幅広い世代のライフスタイルとさまざまな価値観に対応する、3つの外観デザインが採用された点が特徴。発進時にモーターのみで走行できるマイルドハイブリッド車は、軽量化と高剛性を両立させた新プラットフォーム「ハーテクト」との組み合わせで、JC08モード33.4km/Lという、軽ワゴンNo.1の低燃費を実現。安全装備では、単眼カメラと赤外線レーザーレーダーで前方の歩行者や車を検知して衝突の被害を軽減するシステム「デュアルセンサーブレーキサポート(DSBS)」や、周囲の状況に合わせて自動でハイビームとロービームを切り替えるハイビームアシスト機能が搭載されている(2017.2)

ワゴンR
スズキ アルトラパン

新着台数

72台
アルトラパン

女性視点を盛り込んだ3代目 若い女性ユーザーに高評な軽自動車の3代目。女性が車に求めるものの調査・分析を行い、企画からデザイン、機能、装備、アクセサリーの設定まで女性視点が盛り込まれている。エクステリアのコンセプトは「ぬくもりのあるカタチ」。ラパンらしい箱型のフォルムを継承しつつも、カドを丸くすることで温かみのあるデザインとなっている。インテリアでは、ぬくもりのある明るいベージュの内装トリムが採用されるなど、くつろげる空間を演出。ナノイーを放出するオートエアコンや、フロントガラスにプレミアムUV&IRカットガラスなど女性に優しい装備も充実している(2015.6)

アルトラパン 660 G
スズキ アルト

新着台数

48台
アルト

軽量化シャシーが採用され、高い燃費性能を実現 新開発のプラットフォームが採用され、先代アルトエコ比で−60kgも軽量化。パワートレインも高効率化され、ガソリン車ではNo.1のJC08モード燃費37.0km/Lを実現している。エクステリアは、シンプルでありながら、美しく品格のあるプロポーションとなっている。2460mmのロングホイールベースにより、居住性能も高められている。エンジンは660ccのNAで、上級グレードには可変バルブタイミング機構のVVTや、減速時のエネルギーで発電・充電を行うエネチャージなども採用される。トランスミッションは5速MTと、MTをベースにクラッチ操作を自動化した5速AGS、CVTの3種類をラインナップ。全グレードで2WDと4WDの駆動方式が選択できる(2014.12)

アルト 660 L
スズキ スペーシア

新着台数

65台
スペーシア

マイルドハイブリッドを採用した軽ハイトワゴン スズキのハイト系軽ワゴンの2代目。ノーマルモデルは2トーンルーフ車も設定され、「ワクワク、楽しさ」を感じさせるスタイルとなっている。カスタムは大型メッキグリルやLEDヘッドランプなどにより精悍で迫力あるスタイルに仕立てられた。室内では、軽では初採用となるフロントガラス投影式のヘッドアップディスプレイが採用され、安全運転をサポート。エンジンはモーターによるクリープ走行も可能なマイルドハイブリッドが採用され、ハイブリッドGではJC08モード30km/Lを実現している。さらに、軽自動車初となる、後退時ブレーキサポートなどを含むスズキセーフティサポートも装備。セーフティサポートカーのサポカーSワイドに該当した(2017.12)

スペーシア 660 X デュアルカメラブレーキサポート装着車
スズキ ジムニー

新着台数

52台

価格予測

横ばい安定型
ジムニー

伝統が継承された軽の本格クロスカントリー 悪路走破性とコンパクトな車体による取り回しの良さから、様々な作業現場や山間部、積雪地の重要な交通手段として活躍してきた軽自動車で唯一の本格4WD車。新開発のラダーフレームに、FRレイアウト、副変速機付パートタイム4WD、3リンクリジッドアクスル式サスペンションという伝統の車体構成を継承。ブレーキLSDトラクションコントロールを全車に標準装備し、高い走破性能も実現される。機能を追求した内外装デザインに取り回ししやすいボディサイズ。見切りの良さ、荷室空間の広さや使いやすさの向上も図られた。予防安全技術、スズキセーフティサポートも搭載され、「サポカーSワイド」に該当している。エンジンは660ccターボ。(2018.7)

ジムニー 660 XC 4WD
スズキ ハスラー

新着台数

60台
ハスラー

軽ワゴンとSUVを融合させた新ジャンルの軽自動車 コンセプトは「アクティブなライフスタイルに似合う軽クロスオーバー」。軽ワゴンの広い室内空間と、個性的なSUVテイストのデザイン、大径15インチタイヤなどによる高いラフロード走破性が兼ね備えられている。エンジンは660ccのNAとターボで、全グレードで2WDか4WDを選択できる。エントリーグレードを除く4WDのCVT車には、急な坂を下る際に車速を約7km/hに維持する「ヒルディセントコントロール」と、雪道などの滑りやすい路面での発進をサポートする「グリップコントロール」が軽自動車として初めて採用されている(2014.1)

ハスラー 660 G
スズキの中古車を探す

スズキ車の地域情報

地域別の中古車情報・人気車種情報など

北海道

北陸・甲信越