中古車情報を検索するならカーセンサーラボ
produced by recruit
クルマカタログクルマカタログ カーセンサーラボ内のルノーの情報を集めました
カーセンサーラボメーカー一覧ルノー

ルノー「Renault」情報

ルノー

ルノーは自動車産業の黎明期に産声を上げたフランスの古参メーカーである。ボタン工場経営者の四男坊であるルイ・ルノーが自動車の生産を始めたのは1898(M31)年。翌99(M32)年には兄も参加してルノー兄弟社を設立した。第2次世界大戦後はフランス政府によって国有化されて「ルノー公団」となるものの、90(H2)年には株式会社に改組。完全に私企業区分となったのは96(H8)年のことだった。近年の最大のトピックは日産自動車との提携だろう。両社は効果的にメカニズムを共用化し、開発・生産時のコスト削減に成功している。

ルノーの人気車種 & オススメの中古車

ルノーの中古車を探す
ルノー カングー

新着台数

7台
カングー

「見て」「乗って」「使って」楽しい、フレンチハイトビークル ラテン語で遊びを意味する「LUDOS」とフランス語で空間を意味する「ESPACE」を組み合わせた「LUDOSPACE(ルドスパス)」がコンセプト。セニックをベースとしたボディは先代より大幅に拡大された。広い室内空間の実現と居住性、積載性の向上が徹底的に図られている。荷室はシートをすべて起こした状態で660L、ハンドルを引くだけでフォールドする後部座席を折り畳めば2866Lの容量が実現された。二重構造フロアや遮音材などを追加し、静粛性の向上も図られている。エンジンは最高出力78kW(105ps)、最大トルク148N・mを発生する1.6Lの直4 DOHC。モノグレードで、ミッションのみ5速マニュアルか、4ATかの選択が可能となる。(2009.9)

カングー ゼン
ルノー ルーテシア

新着台数

1台
ルーテシア

新たなコンセプトのコンパクトハッチ ルノーの新しいデザイン戦略「サイクル・オブ・ライフ」を採用した初めての市販モデル。大きなルノーロゴが配されたフロントグリルが特徴的で、リアドアのハンドルをサッシ(窓枠)に隠すことで5ドアでありながら3ドアのようなスポーティなスタイルを演出している。エンジンは、最高出力120ps/最大トルク190N・mを発生する1.2Lの直3ターボ。組み合わされるトランスミッションは、新開発の6速ツインクラッチ「エフィシェントデュアルクラッチ(EDC)」となる。また、内外装の組み合わせや、内装パーツのセットオプションなどユーザーによるカスタマイズが可能となっている(2013.9)

ルーテシア GT
ルノー メガーヌ

新着台数

3台
メガーヌ

2種類のキャラクターが魅力のフランス製ハッチバック ルノー19の後継車として誕生以来、ルノーの基幹モデルとして高い評価を受けるフレンチハッチバック、メガーヌの3代目。快適性を重視したプレミアムラインと、スポーティなGTラインという2つのモデルが用意された。ルノー車では初となるデジタルデザイン技術によるエクステリアは、ロングホイールベース&ショートオーバーハング、ワイドトレッドが特徴。ボディパネルとドアやハッチバックのすき間を狭めるなど質感の向上も図られている。インテリアはドライバーが運転しやすい環境が目指された。エンジンは最高出力140psのルノー日産アライアンスによる2L DOHCで、ミッションは最新世代の6速マニュアルモード付きCVTが採用されている。(2011.5)

メガーヌ ルノー・スポール
ルノー キャプチャー

新着台数

-

価格予測

横ばい安定型
キャプチャー

冒険の旅に出るをテーマとするコンパクトクロスオーバー ルノーの新しいデザイン戦略「サイクル・オブ・ライフ」の2番目である「Explore(冒険の旅に出る)」をテーマとするコンパクトクロスオーバー。大径ホイールと高い地上高、傾斜の強いフロントガラスによって特徴的なプロポーションとなっている。また、2トーンのボディカラーやシートなど、遊び心あふれるデザインとなっている。エンジンはルーテシアと同じ、最高出力120ps/最大トルク190N・mを発生する1.2Lの直3直噴ターボ。組み合わされるミッションは、6速のツインクラッチ式エフィシェントデュアルクラッチとなる(2014.2)

ルノー メガーヌエステート

新着台数

-

価格予測

バブル崩壊型
メガーヌエステート

スポーツマインドあふれるワゴンを60台限定で発売 欧州市場では、ゴルフのライバルとなるルノーのCセグメント車、メガーヌのエステート(ステーションワゴン)モデル。日本には、ルノーのモータースポーツ活動とスポーツモデルの開発を担う、ルノースポールがシャーシにチューニングを施したGTと呼ばれるモデルが60台限定で投入された。ノーマルモデルより、60mm伸ばされたホイールベースにより、直進安定性と広い室内を実現。スポーツ感溢れる走行性能と、快適な乗り心地を高次元でバランスさせたグランツーリズモとなった。エンジンは、最高出力:180ps/最大トルク:300N・mを発生する2Lのツインスクロールターボ。なお、導入されるモデルは左ハンドル/6速MTモデルのみの設定となる(2012.7)

メガーヌエステート GTライン
ルノーの中古車を探す

ルノー関連のクルマニュース

5MT仕様がカタログモデルになった!ルノー トゥインゴ ゼン(試乗レポート)

5MT仕様がカタログモデルになった!ルノー トゥインゴ ゼン(試乗レポート)
▲RRレイアウトを採用、ベースをスマートと共有するコンパクトハッチのエントリーグレード。シンプルな装備で価格を抑えた、1Lエンジン×[全文](17-05-07)

ルノー車の地域情報

地域別の中古車情報・人気車種情報など

北海道

北陸・甲信越