中古車情報を検索するならカーセンサーラボ
produced by recruit
クルマカタログクルマカタログ カーセンサーラボ内の日産の情報を集めました
カーセンサーラボメーカー一覧日産

日産「NISSAN」情報

日産自動車

1933(S8)年に日本産業と戸畑鋳物の共同出資により自動車工業株式会社が設立され、翌年には社名を「日産自動車」に改称。これが現在の日産の基礎となる。 66(S41)年にはプリンス自動車を合併して規模を拡大した。ブルーバードとコロナの競合など、つねにトヨタとトップシェア争いを繰り広げてきた日産だが、90年代に入ると経営状態は徐々に悪化。99(H11)年にはルノーと資本提携し、C・ゴーンCEOの指揮のもとにリバイバルプランを実施した。黒字経営となった現在は、「技術の日産」の復活が期待されている。

日産の人気車種 & オススメの中古車

日産の中古車を探す
日産 ノート

新着台数

40台

価格予測

バブル崩壊型
ノート

HR12DDR型ユニットを搭載 立体パーキングにも入る全高と5ナンバー枠に収まるボディサイズや、大人5人が快適に過ごせる室内空間などで人気のコンパクトハッチバックの2代目。上級モデル、ティーダの後継モデルとして遜色ない質感も追求されている。エンジンは2種類の直3DOHC1.2Lで、新開発のHR12DDR型ユニットは先代の1.5Lエンジンに変わるダウンサイジングユニット。直噴ミラーサイクルやスーパーチャージャー、副変速機付きエクストロニックCVTの組み合わせで、1.5Lエンジン並みの力強い走りと1L以上クラスでトップレベルのJC08モード燃費:25.2km/L(S DIG-Sグレード)を両立している。なお、2WD車全てにアイドリングストップ機構が搭載されている(2012.9)

ノート 1.2 e-POWER X
日産 セレナ

新着台数

47台
セレナ

利便性が高められた5ナンバーミニバン 時代が求めるファミリーの楽しみを追求し、室内の広さや使い勝手、快適性など、運転席から3列目シートに乗る人まで、すべての人が楽しく快適に移動できるように開発された日産の5ナンバーサイズミニバン。先代モデルより180mm広くなった室内長により全席ニースペースが拡大、Aピラーのスリム化などにより開放感も演出された。ハンズフリースライドドアの採用や、デュアルバックドアなど利便性も高められている。また、ミニバンでは世界初となる同一車線自動運転技術「プロパイロット」も採用された。パワートレインは最高出力150ps/最大トルク200N・mを発生する2L直4とCVTの組み合わせ。2WDと4WDが用意される(2016.8)

日産 デイズ

新着台数

28台
デイズ

高い安全運転支援システムが備わる軽ハイトワゴン 日産自動車と三菱自動車の合弁会社、NMKVのマネジメントのもと、企画、開発された軽ハイトワゴン。新開発エンジン、同じく新開発のCVTをはじめ、新たにスマートシンプルハイブリッドシステムも導入された。プラットフォームも新たに開発されており、全面的な刷新が図られている。セレナやエクストレイルなどに搭載される、プロパイロットが軽自動車で初採用されたこともトピック。また、先進事故自動通報システムのSOSコールも搭載される。ダイナミックでスタイリッシュなスポーティモデルのハイウェイスターと、親しみやすさと信頼感のあるスタイリングのスタンダードモデルがある(2019.3)

日産 エクストレイル

新着台数

16台
エクストレイル

世界初のシャーシ制御技術を採用し、さらに進化 アウトドアスポーツを楽しむ若者をターゲットにした本格SUVの3代目。独自の4WDシステム「ALL MODE 4×4-i」には、デコボコ道での快適な乗り心地に貢献する「アクティブライドコントロール」や、コーナーやブレーキ時にエンジンブレーキを利かせる「アクティブエンジンブレーキ」、山道や高速道路のカーブで車両を安定させる「コーナリングスタビリティアシスト」などが採用されている。エンジンは直噴の2L。新型のエクストロニックCVTが組み合わされることでクラスNo.1の低燃費を実現している。また、従来型の5人乗りに加え、新たに7人乗り仕様がラインナップされている(2013.12)

エクストレイル 2.0 S 4WD
日産 マーチ

新着台数

10台
マーチ

環境性能を大幅に引き上げた4代目 4代目マーチは、丸いヘッドランプやアーチを描くサイドウインドウなどのエクステリアデザイン、多彩なボディカラー、小回り性能、運転のしやすさなど、従来モデルで人気の部分はそのままに、新開発のエンジンとトランスミッションの組み合わせにより、燃費性能が大幅に引き上げられた。全モデル共通となる新たな1.2Lの直列3気筒エンジンは、FF車の上級モデルではアイドリングストップ機構を備え、10・15モード燃費26.0km/Lを達成している。加えてワイドな変速比幅をもつ、副変速機付きの新型エクストロニックCVTが組み合わされたことにより、4WDモデルやアイドリングストップが装備されないモデルも含めて、全車75%のエコカー減税対象となっている。(2010.7)

日産 エルグランド

新着台数

6台

価格予測

バブル崩壊型
エルグランド

駆動方式を前輪駆動に変更 駆動方式を従来のFRからFFに変更。低床化を実現し、走りの性能を向上、さらに燃費性能の向上が図られた。エンジンは旧型と同様の3.5LのV6とティアナなどに搭載される2.5Lの直4の2種類を用意。ミッションは6速マニュアルモード付きのエクストロニックCVT-M6を採用。広いギアレンジと低速域からのロックアップを可能にすることで、優れた燃費性能を実現している。エクステリアは、従来型の押し出しの強さに加え、ロー&ワイドなプロポーションが強調された。インテリアは、Bose社との共同開発によるエルグランド専用の5.1chサラウンドシステム+高精細11インチワイドモニターが用意されるなど、充実の装備が施されている。(2010.8)

エルグランド 3.5 350X
日産の中古車を探す

日産車の地域情報

地域別の中古車情報・人気車種情報など

北海道

北陸・甲信越