中古車情報を検索するならカーセンサーラボ
produced by recruit
クルマカタログクルマカタログ カーセンサーラボ内の光岡の情報を集めました
カーセンサーラボメーカー一覧光岡

光岡「MITSUOKA」情報

光岡自動車

創業は1968(S43)年。当初は「BUBU」の愛称で新車・中古車の販売を手がけるディーラーだった。しかし社長の自動車開発に対する思いが高まり、79(S54)年には自動車開発部を設置。82(S58)年には50ccエンジンを搭載したBUBUシャトルを、87(S62)年以降は独自のボディに大手メーカーのエンジンを搭載したクラシックSSK、ラ・セード、ビュートなどをリリースする。94(H6)年には組み立て車として認可されたオープン2シーターのゼロワンを発表。この時点で光岡自動車は、日本で10番目の国産自動車メーカーとなった。その後も凌駕(リョーガ)や大蛇(オロチ)など、魅力的なモデルを発表している。

光岡の人気車種 & オススメの中古車

光岡の中古車を探す
光岡 ビュート

新着台数

3台

価格予測

横ばい安定型
ビュート

マーチの変更にあわせ、フルモデルチェンジ 日産 マーチをベースに、往年の名車、ジャガー MkII風のボディパネルを与えたミツオカのコンパクト4ドアセダンの3代目。ベースとなる日産マーチが2010年にフルモデルチェンジされたことを受け、ビュートも新型となった。新型でもジャガーMkII風のエクステリアは健在。インテリアもマーチをベースとしながらも、化粧板や本革シートなどで、クラシカルかつ上質な空間が実現されている。パワートレインは、ベースとなるマーチ同様の最高出力79ps/最大トルク106N・mを発生する1.2L直3DOHCエンジンとCVTの組み合わせの1種類で、上級モデルには4WD仕様も用意される(2012.5)

ビュート 1.3
光岡 ガリュー

新着台数

-
ガリュー

5代目となった光岡のフラッグシップサルーン 日産 ティアナをベースに光岡がカスタマイズした、同社のフラッグシップセダンの5代目。エクステリアでは、大型のフロントメッキグリルと、新円のヘッドライトを組み合わせたクラシカルなフロントフェイスなど従来モデルのイメージを踏襲。さらに、面が急激に変化してゆくフロントフェンダー、ウェッジを効かせた躍動感あふれるサイドビューなどが加えられ、存在感のあるデザインとなっている。搭載するエンジンはベース車と同様に最高出力173ps/最大トルク234N・mを発生する2.5Lの直4。組み合わされるのはCVTとなる。また、エマージェンシーブレーキなど最新の安全運転支援システムも採用されている(2015.9)

ガリュー 2.0 デラックス
光岡 リューギ

新着台数

1台

価格予測

横ばい安定型
リューギ

光岡では初となるハイブリッドがラインナップ コンパクトセダン「ビュート」とフルサイズセダン「ガリュー」の中間に位置するミディアムクラスセダン。ベースはトヨタ カローラアクシオ、および同ハイブリッド。1.5L直4エンジンに加え、光岡では初となる1.5L直4エンジン+モーターのハイブリッド仕様がラインナップされている。ガソリン車はFFと4WDが用意され、ハイブリッド車はFFのみとなる。エクステリアは、光岡らしい縦型ラジエターグリルや、丸型のヘッドランプ、メッキ加工された前後バンパーなど、クラシカルなスタイリングとなっている(2014.6)

光岡 ヒミコ

新着台数

2台

価格予測

横ばい安定型
ヒミコ

クラシックとモダンを融合させたオープンエアモデル 邪馬台国の女王「卑弥呼」から車名をつけた、クラシックとモダンを両立させたオープンカー。フロントフェンダーからリアフェンダーへと流れるような波のラインは、豪華客船が大海を進むイメージでデザインされ、メタルトップとなるルーフは電動で開閉が可能。ベース車両はマツダ ロードスターで、エンジンもマツダ製2L直4DOHCを採用。スタンダード、プレミアム、ハイプレミアムの3グレードが用意され、ミッションはスタンダード、ハイプレミアムには6ATが、プレミアムには6MTが搭載される。「人美一体」のコンセプトとおり、インテリアは高級感漂うハイクラスな居住空間が演出され、年間35台の受注生産を予定。(2008.12)

ヒミコ 2.0 ラン
光岡 リューギワゴン

新着台数

1台
リューギワゴン

カローラフィールダーをベースとするミディアムクラスワゴン カローラアクシオをベースに独自のカスタマイズが施された「クラシカルでハイブリッド」という独自のポジションを築いた、Ryugi(リューギ)のステーションワゴンバージョン。セダンのリューギ同様に、ベースとなるのはカローラフィールダーおよび同ハイブリッドで、「クラシカルワゴンハイブリッド」というキーワードが掲げられた。七宝焼きのエンブレムなどはセダンを踏襲しているが、多彩なライフスタイルを想定して、ボディカラーはセダンよりも多い7色を用意。エンジンは、1.5Lのガソリンと1.5L直4にモーターを組み合わせたハイブリッドの2種類で、前者には5MTもしくはCVT(CVTは4WDも用意)、後者には電気式CVTが組み合わされる(2016. 1)

リューギワゴン 1.5 ハイブリッド
光岡の中古車を探す

光岡関連のクルマニュース

光岡自動車 コンパクトセダン「Viewt」(ビュート)に新グレード『12ST プレミアム』が登場

光岡自動車 コンパクトセダン「Viewt」(ビュート)に新グレード『12ST プレミアム』が登場
株式会社光岡自動車(代表取締役社長:光岡章夫 本社:富山県富山市)は、主力のコンパクトセダン「Viewt」(ビュート)に、新グレード『12T[全文](15-01-27)

光岡車の地域情報

地域別の中古車情報・人気車種情報など

北海道

北陸・甲信越