中古車情報を検索するならカーセンサーラボ
produced by recruit
クルマカタログクルマカタログ カーセンサーラボ内のマツダの情報を集めました
カーセンサーラボメーカー一覧マツダ

マツダ「MAZDA」情報

マツダ

マツダの前身は1920(T9)年に設立された「東洋コルク工業」で、27(S2)年には「東洋工業」に改称して機械工業へと進出する。31(S6)年には3輪トラックの生産を開始。戦後は3輪トラックの復活に加えて、小型トラックのロンパーや4輪乗用車のR360をリリースした。61(S36)年からロータリーエンジンの本格的な開発を手がけ、67(S42)年には、マツダ初のロータリー車となるコスモスポーツに昇華する。79(S54)年からフォードと資本提携。幾多の経営危機を乗り越え、現在もフォードと戦略的提携関係を継続している。

マツダの人気車種 & オススメの中古車

マツダの中古車を探す
マツダ CX-5

新着台数

37台
CX-5 2.2 XD Lパッケージ ディーゼルターボ
マツダ デミオ

新着台数

56台
デミオ

1.5Lディーゼルモデルがラインナップされたコンパクトハッチ マツダのエントリーモデルにあたるコンパクトハッチバックの4代目。CX-5からはじまるスカイアクティブ技術とデザインテーマ「魂動(こどう)」が全面的に採用されている。マツダがこだわる「人馬一体」な運動性能や、安全優先のヒューマンインターフェイスなどが特徴。エンジンは1.3Lガソリンと1.5Lディーゼル。いずれもマツダ独自のスカイアクティブ技術が採用された先進のユニットになる。ディーゼル搭載モデルは2.5Lガソリンエンジン車並みの最大トルク250N・m(ATモデル)を発生し、MT車ではトップクラス(ハイブリッド車と軽自動車は除く)のJC08モード燃費30km/Lを達成している。駆動方式は全グレードで2WDと4WDを選択できる(2014.9)

デミオ 1.5 15S ツーリング Lパッケージ
マツダ ロードスター

新着台数

16台
ロードスター

「走る歓び」を最新の技術で具現化した4代目 世界中でムーブメントを起こしたライトウェイトオープンスポーツの4代目。マツダ独自の「スカイアクティブ技術」とデザインテーマ「魂動(こどう)」が採用されている。前後50:50の重量配分や重心高の低減によって、軽快なドライブフィールを追求。低く短いフロントオーバーハングと人を中心に配置したコンパクトなキャビンによって、乗る人の姿が引き立つ美しいプロポーションが目指されている。搭載するのは、最高出力131ps/最大トルク150N・mを発生する、新開発の直噴1.5Lガソリン「スカイアクティブ-G 1.5」。エントリーグレードは6MT、上級グレードは6MTと6ATが選択できる。座ったまま片手でも開閉しやすいソフトトップが採用されるなど、オープンカーとしての利便性も向上している(2015.5)

ロードスター
マツダ アクセラスポーツ

新着台数

37台
アクセラスポーツ

SKYACTIV技術と魂動デザインを採用 マツダ独自の技術である「SKYACTIV(スカイアクティブ)」とデザインコンセプト「魂動(こどう)」を採用したCセグメントハッチバック。躍動的なエクステリア、コックピット感覚のインテリアなど、魅力的なデザインが与えられている。また、TwitterやFacebookとも連動するヒューマンマシンインターフェイス「MAZDA CONNECT(マツダコネクト)」が採用されている。エンジンは、新たに投入された1.5Lガソリンの「SKYACTIV-G 1.5」と、アテンザでもおなじみの2Lガソリン「SKYACTIV-G 2.0」、2.2Lディーゼル「SKYACTIV-D 2.2」というラインナップになる(2013.11)

アクセラスポーツ 1.5 15S
マツダ CX-3

新着台数

17台
CX-3

スカイアクティブ-Dを搭載したコンパクトクロスオーバー マツダ独自の「スカイアクティブ技術」とデザインテーマ「魂動(こどう)」を全面的に採用した第5弾モデル。スタイリッシュなデザインと、使いやすさを追求したパッケージング、運転が楽しいと感じられる走行性能が兼ね備えられている。搭載するエンジンはクリーンディーゼルのスカイアクティブ-D1.5のみ。最大トルクは270N・mで、JC08モード燃費は25km/Lと、大トルクと燃費性能を両立している。また、世界初の装備である「ナチュラルサウンドスムーザー」が採用され、ディーゼルエンジンのノック音が抑制されている。全グレードにATとMT、FFと4WD「i-ACTIV AWD」が設定されている(2015.2)

CX-3
マツダ キャロル

新着台数

8台
キャロル

ガソリン車トップクラスの燃費性能を実現 スズキ アルトのOEMモデル。エクステリアは、スマートさと目力を備えたフロントマスク、クールで存在感のあるリアスタイルが特徴。従来型比で+145mmの2040mmという室内長により、居住性能も高められている。搭載するエンジンは660ccのNA。上級グレードには可変バルブタイミング機構のVVTや、減速時のエネルギーで発電・充電を行うエネチャージなども採用される。車重の軽量化とパワートレインの効率によって、ガソリン車トップクラスのJC08モード燃費37.0km/Lを実現。全車がエコカー減税の免税対象となっている。駆動方式は全グレードで2WDと4WDが選択可能。レーダーブレーキサポートやエマージェンーストップシグナル、誤発進抑制機能など安全装備も充実している(2015.1)

キャロル 660 GII
マツダの中古車を探す

マツダ関連のクルマニュース

【試乗】新型マツダ3(アクセラ)|素晴らしくマニアックな進化をしている! はっきりいって期待大だ!

【試乗】新型マツダ3(アクセラ)|素晴らしくマニアックな進化をしている! はっきりいって期待大だ!
あえての雪上、あえてのFF(前輪駆動)で驚かされた新技術の進化っぷり マツダが北海道の剣淵町にあるテストコースにジャーナリストや自動車媒体[全文](19-03-09)

マツダ車の地域情報

地域別の中古車情報・人気車種情報など

北海道

北陸・甲信越