中古車情報を検索するならカーセンサーラボ
produced by recruit
クルマカタログクルマカタログ カーセンサーラボ内のマツダの情報を集めました
カーセンサーラボメーカー一覧マツダ

マツダ「MAZDA」情報

マツダ

マツダの前身は1920(T9)年に設立された「東洋コルク工業」で、27(S2)年には「東洋工業」に改称して機械工業へと進出する。31(S6)年には3輪トラックの生産を開始。戦後は3輪トラックの復活に加えて、小型トラックのロンパーや4輪乗用車のR360をリリースした。61(S36)年からロータリーエンジンの本格的な開発を手がけ、67(S42)年には、マツダ初のロータリー車となるコスモスポーツに昇華する。79(S54)年からフォードと資本提携。幾多の経営危機を乗り越え、現在もフォードと戦略的提携関係を継続している。

マツダの人気車種 & オススメの中古車

マツダの中古車を探す
マツダ CX-5

新着台数

26台
CX-5

走る歓びを深めたクロスオーバーSUV マツダのグローバル販売の4分の1を占める、基幹車種となったクロスオーバーSUVの2代目。ドライバーだけでなく同乗者も含めた「すべてのお客さまを笑顔にするSUV」をキーワードに、あらゆる領域で「走る歓び」が深化。デザインはマツダ独自の「魂動(こどう)Soul・of・Motion」のコンセプトをより高い次元へと昇華。また、同社の国内仕様車では初採用となる、0?100km/hの車速で追従機能を可能とする、マツダレーダークルーズコントロールが備えられた。エンジンは従来型と同様に、2.2Lのディーゼルターボと、2.5Lおよび2Lのガソリンエンジンをラインナップ。ディーゼルは細かな改良が施され、ノック音を低減。静粛性、走りの滑らかさが向上された(2016.12)

マツダ ロードスター

新着台数

12台

価格予測

横ばい安定型
ロードスター

「走る歓び」を最新の技術で具現化した4代目 世界中でムーブメントを起こしたライトウェイトオープンスポーツの4代目。マツダ独自の「スカイアクティブ技術」とデザインテーマ「魂動(こどう)」が採用されている。前後50:50の重量配分や重心高の低減によって、軽快なドライブフィールを追求。低く短いフロントオーバーハングと人を中心に配置したコンパクトなキャビンによって、乗る人の姿が引き立つ美しいプロポーションが目指されている。搭載するのは、最高出力131ps/最大トルク150N・mを発生する、新開発の直噴1.5Lガソリン「スカイアクティブ-G 1.5」。エントリーグレードは6MT、上級グレードは6MTと6ATが選択できる。座ったまま片手でも開閉しやすいソフトトップが採用されるなど、オープンカーとしての利便性も向上している(2015.5)

ロードスター 2.0 RS RHT
マツダ CX-3

新着台数

13台
CX-3

スカイアクティブ-Dを搭載したコンパクトクロスオーバー マツダ独自の「スカイアクティブ技術」とデザインテーマ「魂動(こどう)」を全面的に採用した第5弾モデル。スタイリッシュなデザインと、使いやすさを追求したパッケージング、運転が楽しいと感じられる走行性能が兼ね備えられている。搭載するエンジンはクリーンディーゼルのスカイアクティブ-D1.5のみ。最大トルクは270N・mで、JC08モード燃費は25km/Lと、大トルクと燃費性能を両立している。また、世界初の装備である「ナチュラルサウンドスムーザー」が採用され、ディーゼルエンジンのノック音が抑制されている。全グレードにATとMT、FFと4WD「i-ACTIV AWD」が設定されている(2015.2)

CX-3
マツダ キャロル

新着台数

8台
キャロル

ガソリン車トップクラスの燃費性能を実現 スズキ アルトのOEMモデル。エクステリアは、スマートさと目力を備えたフロントマスク、クールで存在感のあるリアスタイルが特徴。従来型比で+145mmの2040mmという室内長により、居住性能も高められている。搭載するエンジンは660ccのNA。上級グレードには可変バルブタイミング機構のVVTや、減速時のエネルギーで発電・充電を行うエネチャージなども採用される。車重の軽量化とパワートレインの効率によって、ガソリン車トップクラスのJC08モード燃費37.0km/Lを実現。全車がエコカー減税の免税対象となっている。駆動方式は全グレードで2WDと4WDが選択可能。レーダーブレーキサポートやエマージェンーストップシグナル、誤発進抑制機能など安全装備も充実している(2015.1)

キャロル 660 エコ X
マツダ フレア

新着台数

9台
フレア

2種類のフロントフェイスが与えられた軽ハイトワゴン 軽ワゴンならではの広い室内空間や機能性を重視したパッケージング、そして低燃費を実現したハイトワゴン。幅広いユーザーに受け入れられる定番スタイルのハイブリッドXGと、スポーティさと上質さを兼ね備えたスタイリッシュなXSが用意された。発進時にモーターのみで走行できるマイルドハイブリッド仕様で、JC08モード33.4km/Lという、軽ワゴンNo.1の低燃費を実現。安全装備では、単眼カメラと赤外線レーザーレーダーで前方の歩行者や車を検知して衝突の被害を軽減するシステム「デュアルセンサーブレーキサポート(DSBS)」や、周囲の状況に合わせて自動でハイビームとロービームを切り替えるハイビームアシスト機能が搭載されている(2017.3)

フレア 660 XS
マツダの中古車を探す

マツダ車の地域情報

地域別の中古車情報・人気車種情報など

北海道

北陸・甲信越