中古車情報を検索するならカーセンサーラボ
produced by recruit
クルマカタログクルマカタログ カーセンサーラボ内のランボルギーニの情報を集めました
カーセンサーラボメーカー一覧ランボルギーニ

ランボルギーニ「Lamborghini」情報

ランボルギーニ

ランボルギーニ社はフェラーリにライバル心を燃やしたフェルッチオ・ランボルギーニが1962(S37)年に設立した自動車メーカーである。第1号車は1963(S38)年のトリノショーで発表した350GTV。その後もミウラやカウンタックなど、珠玉のスーパーカーを生み出す。しかし経営状態は安定せず、様々な実業家やメーカーのもとを渡りながら、99(H11)年からはアウディの傘下に収まった。最近では経営基盤が安定したためか、ニューモデルを続々と開発。第2世代ムルシエラゴなどが話題を集めている。

ランボルギーニの人気車種 & オススメの中古車

ランボルギーニの中古車を探す
ランボルギーニ アヴェンタドール

新着台数

1台
アヴェンタドール

ムルシエラゴの後継となるフラッグシップモデル ムルシエラゴの後継モデルとして投入されたフラッグシップモデル。アヴェンタドールとは闘牛の名前で、ランボルギーニ社の伝統に則った名称になる。カーボンファイバーモノコックやプッシュロッド式のサスペンションなどが採用されている。車重はムルシエラゴ比で−90kgの1575kgとなる。搭載するエンジンは6.5LのV12。組み合わされるミッションは7速のシングルクラッチ式2ペダルミッションとなる。グレード名の「LP700-4」は700が最大出力の700psを表し(最大トルクは690N・m)、4が4WDであることを意味する。0-100km/加速は2.9秒、最高出力は350km/hを達成している(2011.9)

ランボルギーニ ウラカン

新着台数

-
ウラカン

ランボルギーニのアイコン的モデルの後継車 ランボルギーニ史上最も成功を収めたガヤルドの後継車。カーボンとアルミ素材を統合したハイブリッドシャーシが採用され、乾燥重量1422kgという軽量ボディが与えられている。パワートレインは、最高出力560ps/最大トルク560N・mを発生する5.2L V10エンジンと7速デュアルクラッチトランスミッション「ランボルギーニドッピアフィリッツィオーネ」の組み合わせ。最高時速は325km/h、0-100km/h加速は3.2秒を達成している。燃費性能もアイドリングストップ機構を備え、欧州統合モードで12.5L/100km(およそ8km/L)を実現している(2014.7)

ウラカン LP610-4 (LDF) 4WD
ランボルギーニ アヴェンタドールロードスター

新着台数

-
アヴェンタドールロードスター

ランボルギーニのフラッグシップオープン ランボルギーニのフラッグシップモデル、アヴェンタドールのロードスターモデル。カーボンファイバーモノコックやプッシュロッド式のサスペンションなどが採用されている。搭載するエンジンは、クーペと同様で、最高出力700ps/最大トルク690N・mを発生する6.5LのV12。組み合わされるミッションも、同様の7速シングルクラッチ式2ペダルミッションとなる。0-100km/h加速は3秒、最高速度は約350km/hを達成している。2対の六角形ウインドウが配されたエンジンフードや、サッピアネフェルテムと呼ばれる新たなレザーが採用されたインテリアの採用など、クーペと差別化されている(2012.2)

アヴェンタドールロードスター LP700-4 ピレリ エディション 4WD
ランボルギーニ ウラカンスパイダー

新着台数

-

価格予測

ランボルギーニの中古車を探す

ランボルギーニ車の地域情報

地域別の中古車情報・人気車種情報など

北海道

北陸・甲信越