中古車情報を検索するならカーセンサーラボ
produced by recruit
クルマカタログクルマカタログ
カーセンサーラボ価格予測フォルクスワーゲンup!
up!(フォルクスワーゲン)の価格予測はカーセンサーラボ!

フォルクスワーゲン up!

  • フォルクスワーゲン
  • up!
  • 生産期間 2012年 ~ 生産中
  • ボディタイプ
    ハッチバック
    駆動方式
    FF
    乗車定員
    4
    排気量(cc)
    999
平均価格
87.3万円
平均走行距離
2.3万Km

(2017年12月15日時点)

 50pt

up!の中古車を探す

up!
価格推移グラフ

価格(万円)

平均価格
87.3万円

中古車価格グラフはカーセンサーラボのデータから算出しております。

up!を見た人は、こんなクルマも見ています

価格を予測するための 中古車相場(up!)の価格推移パターン

93%

今後の価格予測

一気にガタ落ち型

一気にガタ落ち型 モデルチェンジや車検が要因あるタイミングでガクっと値落ちするパターン。これはフルモデルチェンジ後や、登場から3年が経ち、最初の車検での買い替え需要が増した時に多く見られるカタチ。非常に狙い目の時でもある。

ベーシック下降型

ベーシック下降型

適合率92%

相場推移の基本のカタチ年月の経過とともに、緩やかに下降ラインを描く相場推移の基本ともいえるカタチ。新車価格や市場の人気によって落ち幅はかわってくる。高額なクルマほど落ち幅は大きくなる傾向にある。

バブル崩壊型

バブル崩壊型

適合率65%

ブームが終わればこうなる一時のブームで一気に価格が跳ね上がったが、終息とともにガタガタと値が落ちていくパターン。人気の絶版モデルなどに多い。購入時期の見極めは難しいが、落ちだしてすぐ買うのは避けたい。

ジグザグ型

ジグザグ型

適合率34%

季節要因やより戻し安定せずクロカン/SUVやオープンカーなど、季節によって相場に変動が出る場合などに多い。また、一気に値落ちした反動で、価格をより戻して上昇、次は再び値落ちし、それを繰り返すパターンもある。