中古車情報を検索するならカーセンサーラボ
produced by recruit
クルマカタログクルマカタログ カーセンサーラボ内のジャガーの情報を集めました
カーセンサーラボメーカー一覧ジャガー

ジャガー「JAGUAR」情報

ジャガー

現在はフォードグループの「プレミアム・オートモーティブ・グループ」の一員として名を馳せるジャガーだが、その出発点は1922(T11)年にまで遡る。ウィリアム・ライオンズが設立したスワロー・サイドカー社は、34(S9)年にSS社と改称。しかしSSがナチス親衛隊のシュッツ・シュタッフェルの略号と重なることから、45(S20)年に再度社名を変更し、サイドカーのモデル名だったジャガーを採用した。戦後のジャガーはモータースポーツの世界でも大活躍。市販車は見映えの良さや性能の割に価格が安いと好評を得た。

ジャガーの人気車種 & オススメの中古車

ジャガーの中古車を探す
ジャガー XJ

新着台数

1台

価格予測

横ばい安定型
XJ

新デザインを採用したフラッグシップサルーン 7年ぶりにフルモデルチェンジされたフラッグシップサルーン。クーペのようなルーフラインによる流れるようなシルエットなど、XFからの新デザインアーキテクチャーが採用された斬新かつスポーティなデザインが特徴。室内は一転して、シート、インストルメントパネルからセンターコンソールに至るすべてがレザーで覆われるなど、伝統の豪華さが追求された。オプションでBowers & Wilkins社製のオーディオも用意されている。エンジンは、全車5LのV8DOHCで、自然吸気と2種類のスーパーチャージドの3タイプ。ジャガー独自のアルミニウムボディは従来型と同様。通常版とロングホイールベース版の2種類がラインナップされる。(2010.5)

XJ XJ8 3.5
ジャガー Eペイス

新着台数

1台
Eペイス

スポーツカーのデザインと実用性を兼ね備えたコンパクトSUV ダイナミックなフロントグリルやヘッドランプ、ロングホイールベースとショートオーバーハング、ドライバーにフォーカスしたコックピットなど、ピュアスポーツカー、「F-TYPE」からインスピレーションを得たデザインを取り入れ、さらにスポーツカーのようなドライビングパフォーマンスと、SUVならではの広々とした室内空間と実用性、そして最新のコネクティビティを兼ね備えたコンパクトパフォーマンスSUV。エンジンは最高出力249ps/300psという2種類の2L直4ターボと、180psを発生する2L直4ディーゼルターボを用意。組み合わされるトランスミッションはジャガー初となる9速ATで、トルクベクタリング機能を備えた4WDシステムが採用されている。(2018.2)

Eペイス 2.0L P250 4WD
ジャガー Fペイス

新着台数

1台
Fペイス

ジャガー初のパフォーマンスSUV ジャガー初となるパフォーマンスSUV。ボディの80%にアルミニウムを使用した軽量モノコック、安定した運転を実現する電動パワーステアリング、アンダーステアを抑えるトルクベクタリングバイブレーキングなど、ジャガーがもつ技術の粋が集められた。エンジンは、ジャガーランドローバーが設計から生産まで手がけたインジニウムディーゼルとガソリンエンジンの2種類で、前者は最高出力180ps/最大トルク430N・mを発生する2L直4ターボ、後者は同340ps/450N・m、同380ps/450N・mと異なった出力特性が与えられた3LのV6スーパーチャージャーとなる。今回発売されるファーストエディションは、380psのガソリンが採用された(2015.11)

Fペイス 20d ピュア 4WD
ジャガー XE

新着台数

3台
XE

最新のアルミ技術が用いられたDセグメントセダン ジャガーとしてはXタイプ以来となるDセグメントのスポーツサルーン。ボディの75%以上にアルミニウムが用いられ、モノコック車体構造を採用した後輪駆動が特徴。卓越した乗り心地とハンドリングが兼ね備えられている。エクステリアは、XJやXFなどのジャガーサルーンと同様のエキサイティングなデザインが採用されている。搭載するエンジンは最高出力200ps/最大トルク320N・mを発生する2L直4ガソリンターボ。組み合わされるトランスミッションは8速ATとなる。ジャガーでは初となる車速感応式電動パワーステアリングを採用。トルクベクタリングバイブレーキや衝突回避軽減ブレーキなど装備も充実している(2014.10)

ジャガー XF

新着台数

1台
XF

最新のディーゼルユニットも設定された Eセグメントに属するジャガーのダイナミックラグジュアリーサルーン。ボディの75%にアルミニウムを用いた独自の軽量モノコック、「アルミニウムインセンティブ構造」が採用されている。先代モデル比で最大190kg軽量化されており、ねじり剛性も最大28%向上している。エンジンラインナップは、最高出力240ps/最大トルク340N・mの2L直4ターボ、同340ps/450N・mと380ps/450N・mの異なる出力特性が与えられた3L V6スーパーチャージャー、さらに同180ps/430N・mの2L直4ディーゼルターボとなる(2015.9)

ジャガー XFスポーツブレイク

新着台数

3台
XFスポーツブレイク

スタイリッシュで実用性に優れたワゴンモデル ダイナミックラグジュアリーサルーンのXFをベースに開発された、スポーティなワゴンモデル。リアシートを畳むと最大1700Lの大容量を確保するラゲージスペースに加え、積載物の重さに合わせてリアの車高を水平に保つ「セルフレベリング機能付リアエアサスペンション」や、室内空間を快適に保つ「イオン空気洗浄機能」、運転席から天井付近に軽く手を振るだけでパノラミックサンルーフのブラインド開閉が可能な「ジェスチャールーフブラインド」など、最新のテクノロジーが多数採用され、優れた実用性と快適なドライビングが実現されている。エンジンは、250psを発生する2L直4ガソリンと、同180psを発生する2L直4ディーゼルの2種類が用意される。(2017.11)

ジャガーの中古車を探す

ジャガー関連のクルマニュース

【試乗】ジャガー Iペイス│かっ飛びプレミアムEV、これこそ現代の“韋駄天”だ!

【試乗】ジャガー Iペイス│かっ飛びプレミアムEV、これこそ現代の“韋駄天”だ!
▲ジャガーから登場したピュアEVのIペイス。独特なSUVフォルムが特徴だが、果たしてどんな走りを見せてくれたのか。自動車テクノロジーライターの松本[全文](19-06-14)

ジャガー車の地域情報

地域別の中古車情報・人気車種情報など

北海道

北陸・甲信越