中古車情報を検索するならカーセンサーラボ
produced by recruit
クルマカタログクルマカタログ カーセンサーラボ内のヒュンダイの情報を集めました
カーセンサーラボメーカー一覧ヒュンダイ

ヒュンダイ「HYUNDAI」情報

ヒュンダイ

韓国最大、アジアでもトヨタ、ホンダ、日産に続くシェアを誇るヒュンダイ。漢字では現代、韓国語ではヒョンデと発音するが、英字ではHyundaiと表記されている。ヒュンダイの創業は1967(S42)年。当初はヨーロッパフォードと提携してコルチナなどをノックダウン生産していたが、73(S48)年には三菱自動車の技術協力を得て独自のクルマの開発に着手し、75(S50)年には韓国初の純国産車となるポニーを発売した。その後も続々と新型車をリリース。ライバルだった起亜自動車も傘下に収めた。近年ではクルマの質感向上が著しい。

ヒュンダイの人気車種 & オススメの中古車

ヒュンダイの中古車を探す
ヒュンダイ クーペ

新着台数

-

価格予測

クーペ

6MTも設定される本格スポーツモデル 北米市場を主なターゲットとして開発された2ドアクーペで、スタイリッシュでスポーティな外観に加えて、インテリアもバケットタイプのスポーツシートやタイトなコックピットデザインなどでスポーティなイメージを強調している。エンジンは2.7LのV6で129kWのパワーを発生する。これに電子制御4速ATまたはヒュンダイ初の6速MTが組み合わされる。駆動方式はFFのみだ。オーディオやカーナビはオプション設定ながら、ラグジュアリィなクーペらしく快適装備の充実度は高い。ブレーキ協調型トラクションコントロールやEBD付きABS、ESPなどの安全装備も標準で用意される。(2002.4)

クーペ FX V6
ヒュンダイ TB

新着台数

-

価格予測

横ばい安定型
TB

環境・安全性能の高さは折り紙付き ヒュンダイの日本におけるエントリーモデルとして設定されているのが2002(H14)年10月に発売されたTB。本国やヨーロッパではクリックという名前で販売されているが、日本では「シンク・ベーシック」を意味するというTBの名前で販売されている。全長を4m以下に抑えたコンパクトなハッチバックボディは、シンプルでクリーンなイメージの外観デザインを採用。内装も機能重視のシンプルなものとされている。1.3Lのエンジンは当時の日本で「優-低排出ガス認定」を受け、衝突安全性は当時のユーロNCAPで最高レベルとされた4つ★の認定を受けている。(2002.10)

ヒュンダイ エラントラセダン

新着台数

-

価格予測

エラントラセダン

ヨーロピアンテイストのミドルセダン ヨーロッパ市場を意識して開発されたミドルクラスのセダン。日本市場にはヒュンダイが参入した2001(H13)年1月からラインナップされている。ボディは全幅が1700mmを超えるため3ナンバー車となるが、4500mmほどの全長で日本の道路にフィットしたサイズといえる。エンジンは1.8Lと2Lの直4の2機種で、いずれも電子制御4速ATと組み合わされる。駆動方式はFFのみだ。安全装備は運転席・助手席のSRSエアバッグやSRSサイドエアバッグ、EBD付きABSなどが標準で用意され、トラクションコントロールは2L車にのみオプション設定となる。(2001.1)

ヒュンダイ JM

新着台数

-

価格予測

JM

世界戦略を狙ったミドルサイズSUV サンタフェの後継車として投入されたミドルSUVのJM。外観はいかにもSUVらしい力強さと乗用車的な洗練さを併せ持つ。全幅は1795mmと日本ではかなりワイドな印象だが、全長は4325mmに抑えられている。エンジンは2Lの直4L、2.7LのV6の2機種で、いずれも電子制御4速ATが組み合わされる。2L車はFFで、2.7L車は電子制御トルクオンデマンド式の4WDという設定。2.7L車にはトラクションコントロールが装備されるなど安全装備も充実しており、2L車も含めたGLS系にはフルオートエアコンや本革巻きステアリング&シフトノブなど充実した快適装備が用意される。(2004.9)

ヒュンダイ グレンジャー

新着台数

-
グレンジャー

圧倒的な室内の広さを誇るフラッグシップモデル ヒュンダイのラインナップの中でフラッグシップカーとなるのがグレンジャー。従来はXGと呼ばれていたモデルだが、2006(H18)年1月のFMCを機に本国と同じグレンジャーの名前に変わった。全幅が1865mmに達する堂々たるサイズの大型セダンで、FFの駆動方式を採用することで圧倒的な広さの室内空間を実現。特に後席は大人がゆったり足が組めるほどの広さだ。エンジンは3.3LのV6DOHCで、電子制御5速ATと組み合わされる。上級セダンらしく全車に本革パワーシートが標準となるなど快適装備が用意され、カーテンエアバッグやESPなど安全装備も充実している。(2006.1)

ヒュンダイ ソナタ

新着台数

-

価格予測

横ばい安定型
ソナタ

ブームで終わらない実力派セダン ヒュンダイの主力モデルともいえるのがアッパーミドルセダンのソナタ。モデルチェンジを重ねるごとに車名を変更することが多いヒュンダイの中では同一の車名で長く作られている。5代目となるモデルが2005(H17)年9月から日本市場に導入された。北米ではカムリやアコードがライバルとなるモデルで、エンジンは2.4Lの直4DOHCに電子制御4速ATが組み合わされる。北米市場を意識したモデルだけに全幅は1800mmを超えるワイドボディ車だが、全体的なソフトな乗り味などは日本車に近い印象がある。最上級グレードのGLS Lパッケージでは、充実した快適装備が用意される。(2005.9)

ヒュンダイの中古車を探す

ヒュンダイ関連のクルマニュース

ヒュンダイ クーペ 【プレイバック試乗】

ヒュンダイ クーペ 【プレイバック試乗】
V6のパワー感は手応えあり。199万円のプライスは衝撃的 コンセプト2.7LのV6&フル装備。ともあれ価格は衝撃的 今やその販売[全文](10-05-20)

ヒュンダイ車の地域情報

地域別の中古車情報・人気車種情報など

北海道

北陸・甲信越