中古車情報を検索するならカーセンサーラボ
produced by recruit
クルマカタログクルマカタログ カーセンサーラボ内のホンダの情報を集めました
カーセンサーラボメーカー一覧ホンダ

ホンダ「HONDA」情報

本田技研工業

1946(S21)年に本田宗一郎が設立した「本田技術研究所」が母体。48(S23)年には「本田技研工業」を発足させ、規模を拡大しながら現在に至る。当初は2輪車専門メーカーであったが、60年代に入ると4輪車の開発も本格的に手掛け始め、62(S37)年の東京モーターショーでホンダスポーツ360を発表して4輪車メーカーの仲間入りを果たす。64(S39)年にはF1にも進出。83(S58)年以降の第2期F1では数々の勝利を獲得して黄金期を築いた。現在は環境対応車や通信ナビの開発などで独自性をアピールする。

ホンダの人気車種 & オススメの中古車

ホンダの中古車を探す
ホンダ フィット

新着台数

80台
フィット

アースドリームテクノロジーでパワートレインが刷新 高い人気を誇るホンダのコンパクトハッチバックの3代目。エクステリアは、歴代モデルの特長であるワンモーションフォルムを継承しながら、ハイテク感、美しさ、質感を追求したデザインとなっている。内装では、ナビやエアコンなどに静電式タッチパネルを採用。歴代モデルの魅力である多彩なシートアレンジや収納スペースは健在で、従来型より利便性が高められている。また、シートは上級車種のフレームをベースに設計され、快適性も向上している。エンジンは従来型同様の1.3Lと1.5Lだが、アースドリームテクノロジーにより刷新。前者は熱効率に優れるアトキンソンサイクルとなり、DOHCやVTEC、VTCを採用。後者はそれらに加え、直噴技術も用いられている(2013.9)

フィット 1.5 ハイブリッド Lパッケージ
ホンダ N-BOX

新着台数

56台
N-BOX

次世代軽自動車用プラットフォームを採用した超ハイト系軽ワゴン 魅力ある軽自動車ラインナップを新たに構築するべく、ホンダが開発した共通プラットフォームがNプラットフォームだ。そのシリーズの第1弾が、スーパーハイトワゴンのN BOXになる。このプラットフォームによる新たなNコンセプトは、空間のゆとりが第一に据えられているという。フィットなどにも採用されるセンタータンクレイアウトを組み合わせることで、ホンダのミニバンの魅力をそのまま軽サイズに凝縮。容積を定員で割った一人当たりの空間は、ミニバン以上の快適な空間が実現された。ノーマルタイプとスポーティなカスタムの2シリーズがラインナップされる。パワートレインは新世代の軽専用エンジン&CVTで高い環境性能も実現された。(2011.12)

N-BOX 660 C
ホンダ ステップワゴン

新着台数

51台
ステップワゴン

1.5LのVTECターボを搭載し、リアゲートに独自の機構が採用 5ナンバーサイズの背高ミニバンの5代目。車内はリビングを思わせる機能的な空間となっており、よりファミリーユースが考慮されている。最大の特徴は画期的なリアゲート「わくわくゲート」の採用。大開口のテールゲートに横開き式のサブドアを備えた独自の機構で、荷物の出し入れ、3列目シートへの乗降を容易にする。なお、3列目シートは床下収納となっている。エンジンはホンダ初となるダウンサイジングユニットとなる1.5LのVTECターボを採用。このエンジンは、常用域で2.4L並みのトルクを発生しながら、クラストップレベルとなるJC08モード燃費17.0km/L(G、BグレードのFF車)を実現している(2015.4)

ステップワゴン 1.5 モデューロX
ホンダ オデッセイ

新着台数

46台
オデッセイ

リアにスライドドアを採用した5代目 時代に先駆け「多人数乗用車の新しい価値」を創造してきたミニバンの5代目。独自の超低床化プラットフォームによって広い室内空間を実現。さらに、リアスライドドアや、2列目プレミアムクレードルシート(7人乗り仕様)の採用など、使いやすさと快適性が向上している。ノーマルモデルと上質で迫力あるスタイリングを実現したアブソルートがラインナップ。いずれのモデルもパワートレインは2.4Lのi-VTECユニット+CVT。アブソルートは、ダイナミックな加速と優れた燃費性能を両立する直噴技術を用いたエンジンと、7スピードモード+パドルシフト付のCVTになる(2013.11)

オデッセイ 2.4 HDDナビ エディション
ホンダ N-WGN

新着台数

18台
N-WGN

新しいベーシックを目指した軽ハイトワゴン 軽自動車の「新しいベーシック」を目指して開発された軽ハイトワゴン。居住性、安全性、燃費性能、デザイン、走りのすべてを高い次元で備えている。存在感と安心感を両立したN-WGNと、強い押し出しと上質さを兼ね備えたN-WGN Customの2バリエーションが用意されている。座り心地が良く長距離運転でも疲れにくいシートなどが採用され、室内は快適になっている。エンジンは660ccのNAとターボを選択できる。組み合わされるトランスミッションは全車CVT。NAエンジン車はJC08モード29.2km/L、ターボ車も同26.0km/L(いずれもFF車)と、燃費性能も優れている(2013.11)

N-WGN 660 G Aパッケージ
ホンダの中古車を探す

ホンダ車の地域情報

地域別の中古車情報・人気車種情報など

北海道

北陸・甲信越