中古車情報を検索するならカーセンサーラボ
produced by recruit
クルマカタログクルマカタログ カーセンサーラボ内のホンダの情報を集めました
カーセンサーラボメーカー一覧ホンダ

ホンダ「HONDA」情報

本田技研工業

1946(S21)年に本田宗一郎が設立した「本田技術研究所」が母体。48(S23)年には「本田技研工業」を発足させ、規模を拡大しながら現在に至る。当初は2輪車専門メーカーであったが、60年代に入ると4輪車の開発も本格的に手掛け始め、62(S37)年の東京モーターショーでホンダスポーツ360を発表して4輪車メーカーの仲間入りを果たす。64(S39)年にはF1にも進出。83(S58)年以降の第2期F1では数々の勝利を獲得して黄金期を築いた。現在は環境対応車や通信ナビの開発などで独自性をアピールする。

ホンダの人気車種 & オススメの中古車

ホンダの中古車を探す
ホンダ N-BOX

新着台数

176台

価格予測

N-BOX

安全装備も充実した2代目軽ハイトワゴン 軽乗用車の枠を超えた車格感や、空間の豊かさで人気となった軽ハイトワゴンの2代目。全タイプにLEDヘッドライトが採用されるなど、細部にわたって洗練と上質さが追求された。高効率フロアフレーム構造や、高張力鋼板の適応拡大、新たな接合技術を導入することで、従来型比80kg減の軽量化と高剛性化を両立。パワートレインも新設計された。さらに、CVTやサスペンションの高性能化などにより、安心感のある走りと低燃費、快適な乗り心地が実現されている。安全整備も充実されており、ホンダの軽乗用車では初採用となるホンダセンシングには、衝突軽減ブレーキなど従来の8機能にオートハイビームと後方誤発進抑制機能も追加された(2017.9)

ホンダ フィット

新着台数

118台

価格予測

フィット

ユーザーのライフスタイルに合わせた5タイプを設定 ホンダの屋台骨を支える、コンパクトハッチバックの4代目。歴代モデルが築き上げた優れた性能や機能をベースに、数値では表せない「心地よい視界」「座り心地」「乗り心地」「使い心地」という4つの心地よさを提案。また、ユーザーのライフスタイルやライフステージに合わせた5タイプを用意。シンプルで自分らしさを表現する「ベーシック」、生活になじむデザインと快適性を備えた「ホーム」、アクティブに過ごしたいユーザーのための「ネス」、エンジョイライフに応える「クロスター」、洗練と上質を兼ね備えた「リュクス」だ。パワートレインは1.3L 直4+CVTの他、1.5L 直4に2つのモーターを組み合わせたハイブリッド「e:HEV」が用意された。(2020.2)

ホンダ ステップワゴン

新着台数

62台

価格予測

ステップワゴン

1.5LのVTECターボを搭載し、リアゲートに独自の機構が採用 5ナンバーサイズの背高ミニバンの5代目。車内はリビングを思わせる機能的な空間となっており、よりファミリーユースが考慮されている。最大の特徴は画期的なリアゲート「わくわくゲート」の採用。大開口のテールゲートに横開き式のサブドアを備えた独自の機構で、荷物の出し入れ、3列目シートへの乗降を容易にする。なお、3列目シートは床下収納となっている。エンジンはホンダ初となるダウンサイジングユニットとなる1.5LのVTECターボを採用。このエンジンは、常用域で2.4L並みのトルクを発生しながら、クラストップレベルとなるJC08モード燃費17.0km/L(G、BグレードのFF車)を実現している(2015.4)

ホンダ フリード

新着台数

37台

価格予測

ホンダ N-WGN

新着台数

62台

価格予測

ホンダ ヴェゼル

新着台数

40台

価格予測

ヴェゼル

SUV、クーペ、ミニバンの魅力を統合した意欲作 SUVの力強さ、クーペのあでやかさ、ミニバンの使いやすさ、高い燃費性能を兼ね備えたコンパクトクロスオーバーSUV。エクステリアでは、SUVの安定感とクーペのようなスタイリングが組み合わされている。インテリアでは、前席でコックピット感覚があるクーペのようなデザインが、後席でミニバン並の広さが目指されている。ラゲージもスタイルからは想像できない広さとなっている。エンジンは直噴の1.5Lと、同エンジンにモーターを組み合わせたハイブリッドをラインナップ。組み合わされるミッションは、前者がCVT、後者はツインクラッチ式の7ATとなる。2WDのハイブリッドモデルでは、JC08モード燃費27.0km/Lとなっている(2013.12)

ホンダの中古車を探す

ホンダ関連のクルマニュース


()

ホンダ車の地域情報

地域別の中古車情報・人気車種情報など

北海道

北陸・甲信越