中古車情報を検索するならカーセンサーラボ
produced by recruit
クルマカタログクルマカタログ カーセンサーラボ内のフェラーリの情報を集めました
カーセンサーラボメーカー一覧フェラーリ

フェラーリ「Ferrari」情報

フェラーリ

世界屈指のスポーツカーメーカーとして君臨するフェラーリは、1947(S22)年にレーシングチーム運営のための会社としてスタートする。当初はレース参戦の資金を捻出するためにレーシングカーをロードカーに仕立てて販売していたが、その人気は非常に高く、やがて量産GTの開発を本格的に手がけるようになった。しかし、60年代に入ると経営状態は悪化。69(S44)年にはフィアットの傘下に入り、経営の建て直しを図った。現在でも身売りの噂は絶えないが、ニューモデルは積極的にリリースされ、F1の活動も鋭意続けている。

フェラーリの人気車種 & オススメの中古車

フェラーリの中古車を探す
フェラーリ GTC4ルッソ

新着台数

-
GTC4ルッソ

6.3L V12エンジンを搭載したハッチバッククーペ ハッチバックを採用した巨大な4座クーペ、FFの後継にあたるモデル。エンジンは最高出力690ps/最大トルク697N・mを発生。デュアルクラッチ式のF1 DCTミッションが組み合わされ、駆動方式は4WDとなる。また、新たにフェラーリが独自に特許を取得した4WSシステム「4RM Evo」も採用されている。これらにより、0-100km/h加速は3.4秒を実現している。フェラーリ伝統のツインテールライトや、クラフトマンシップにより厳選した素材が採用されたインテリアなど、フェラーリらしいスポーティラグジュアリーな意匠が与えられた。(2016.5)

GTC4ルッソ 6.3 4WD
フェラーリ 812スーパーファスト

新着台数

-

価格予測

812スーパーファスト

史上最速かつ最もパワフルなフェラーリ ステアリングを握ったすべてのドライバーを夢中にさせるドライビングエクスペリエンスを提供することを目的として開発された、V12搭載のFRフェラーリ。グラマラスなボディは、エアロダイナミクスにも配慮された最新のデザインを採用。搭載されるエンジンは、前モデルにあたる「F12ベルリネッタ」の6.2Lから6.5Lへと排気量を拡大。最高出力は、従来型比+60psの800psを発生。最大トルクは、718N・mで歴代NAモデル最大となる。7速の「F1デュアルクラッチトランスミッション」との組み合わせにより、最高速度340km/L、0-100km/h加速2.9秒を実現している。また、同社初採用となる電動パワーステアリングや、4WS機構など走りの機能も強化された。(2017.5)

812スーパーファスト F1 DCT
フェラーリ ポルトフィーノ

新着台数

-
ポルトフィーノ

GTの世界を広げるフェラーリ ラグジュアリィ性、多用途性、快適な乗り心地のすべてをかなえた新型GT。名称は、イタリアのリグーリア州にある美しい港町の名前からネーミングされている。フェラーリのGTレンジで最も多用途性に優れたモデルとうたっている。エンジンは2016、17年と2年連続で「インターナショナル・エンジン・オブ・ザ・イヤー」を受賞したV8ターボで、最高出力600psを発生。0-100km/h加速3.5秒を実現している。エクステリアは、クーペコンバーチブルでありながら、ファストバック構成のアグレッシブなスタイルを採用し、スマートなシルエットながらもスポーツ性が際立たされている。10.2インチ・タッチスクリーンのインフォテインメントシステムなど、快適装備も充実している。(2018.2)

ポルトフィーノ F1 DCT
フェラーリ 488ピスタ

新着台数

-

価格予測

488ピスタ

V8フェラーリのスペシャルモデル 過去に発表されたV8エンジン搭載のスペシャルモデルの後継車にあたるハイスペックフェラーリ。「プロでないドライバーがステアリングを握っても、さまざまな状況でレーシングカー並みの走りを堪能できる」というコンセプトでまとめられている。エンジン、ビークルダイナミクス、エアロダイナミクスなどはレーシングモデルである「488GTE」「488チャレンジ」に由来したものが与えられた。エンジンは488GTBに搭載される3.9L・V8ターボをベースに、ニッケル製エキマニ、軽量クランクシャフト、フライホイールなどの488チャレンジ由来の技術、チタン製コンロッドなどの追加装備が与えられ、最高出力はベースモデル比+50psの720psを発生(2018.3)

488ピスタ F1 DCT
フェラーリ F8トリブート

新着台数

-

価格予測

F8トリブート

史上最強のV8エンジンに対するオマージュ 2シーターベルリネッタ(イタリア語でクーペの意味)の最高峰として誕生させた、リアミッドフェラーリ。フェラーリ史上最強のV8エンジンに対するオマージュから、称賛を意味するイタリア語、トリブートが車名に冠された。GTおよびチャレンジなどの各選手権で得たノウハウを反映させたエアロダイナミクスが、グラマラスなボディに盛り込まれている。エンジンは、3.9L V8ターボで、最高出力は先代モデルにあたる「488GTB」比+50psの720ps、最大トルクは770N・mを発生。7速デュアルクラッチとの組み合わせで、最高時速340km/h、0-100km/h加速2.9秒を実現している。(2019.6)

F8トリブート F1 DCT
フェラーリ 488ピスタスパイダー

新着台数

-

価格予測

488ピスタスパイダー

フェラーリが生み出した50代目のオープンモデル レースから生まれた最高の技術ソリューションと、オープンエアドライブの楽しさを組み合わせ、1.92kg/CV(馬力)というパワーウェイトレシオが与えられた、フェラーリ史上最もパワフルなスパイダーモデル。エンジンは、3.9L V8ツインターボで、最高出力720ps/最大トルク770N・mを発生する。「F1 7速デュアルクラッチトランスミッション」との組み合わせで、0-100km/h加速2.85秒、最高時速は340km/hを実現している。また、このユニットは環境性能にも配慮されたものにしたてられた。488スパイダー比で、30mm高く、40mm伸ばされたスポイラーなど、ダウンフォースの強化をはじめとするエアロダイナミクスも追求された。(2018.10)

488ピスタスパイダー F1 DCT
フェラーリの中古車を探す

フェラーリ車の地域情報

地域別の中古車情報・人気車種情報など

北海道

北陸・甲信越