中古車情報を検索するならカーセンサーラボ
produced by recruit
クルマカタログクルマカタログ カーセンサーラボ内のダイハツの情報を集めました
カーセンサーラボメーカー一覧ダイハツ

ダイハツ「DAIHATSU」情報

ダイハツ工業

1907(M40)年に内燃機関の製造・販売を目的に発足した「発動機製造」がダイハツの基礎。戦後は51(S26)年に3輪乗用車のBEEを発売し、同年12月には社名を「ダイハツ工業」に改称した。60(S35)年にデビューした軽4輪トラックのハイゼットを皮切りに、本格的に自動車市場に進出。 67(S42)年には経営基盤強化のためにトヨタと資本提携し、同グループのコンパクトカー開発の中枢を担うようになった。現在でもその地位は健在で、強固な資本のもと、スズキと軽自動車シェアNO.1のポジションを競い続けている。

ダイハツの人気車種 & オススメの中古車

ダイハツの中古車を探す
ダイハツ ムーヴ

新着台数

45台
ムーヴ

次世代ベストスモールを目指し開発された6代目 軽自動車の大ヒットモデルの6代目。次世代ベストスモールを目標に開発されている。新開発の軽量高剛性ボディや足回りの改良などにより、基本性能が向上。また、足回りが改良され、フラットで快適な乗り心地となっている。エンジンは660ccのNAとターボで、全車にアイドリングストップ機構を搭載。JC08モード燃費は前者が31.0km/L、後者でも27.4km/Lという優れた数値を記録している。さらに、ステアリングに配されたスイッチでアクセルレスポンスが向上する「パワーモード」の切り替えが可能な「Dアシスト」や、TFTカラーマルチインフォメーションディスプレイなど、軽では初となる装備も与えられている(2014.12)

ダイハツ ミライース

新着台数

16台
ミライース 660 L SAIII
ダイハツ ハイゼットトラック

新着台数

5台
ハイゼットトラック

軽トラックとしての基本性能がさらに進化 農業や建設業、運送業など幅広い業種で活躍する人気の軽商用トラック。軽トラックに求められる積載性や耐久性、防錆性能などの基本性能が高められている。また、新開発のプラットフォームとドア開度の拡大によって乗降性が向上。フロントガラスが前に出され、室内の広さと快適さが演出されている。また、運転席から手の届く範囲に大型オープントレイが備えられた他、20ヵ所の室内収納が設定され、利便性が高められている。エンジンは、高圧縮比化や燃焼改善、メカニカルロス低減などが施された660ccのNAエンジン。2WDの5MT(エアコン・パワステレス)車はクラストップのJC08モード燃費19.6km/Lを達成している(2014.9)

ダイハツ ハイゼットカーゴ

新着台数

9台
ハイゼットカーゴ

専用プラットフォームで実用性と快適性を向上 生産累計536万台を誇るハイゼットシリーズ。その中でもエンジンをフロントシート下に置くセミキャブオーバーレイアウトを採用したのがハイゼットカーゴだ。カーゴ専用の新プラットフォームが用意され、今まで以上に快適で実用的なモデルに仕上がっている。特に積載性の面では出っ張りの少ない大容量の荷室に大開口のスライドドア&バックドア、さらに低床フロアとすることで高い荷役性を実現。ボディ形状は標準ルーフと110mm高のハイルーフの2タイプ。エンジンはNAとターボの計3種類で、5MTと3AT/4ATが組み合わされる。また、全モデルに2WDと4WDが用意される。(2004.12)

ハイゼットカーゴ 660 スペシャル SAIII
ダイハツの中古車を探す

ダイハツ関連のクルマニュース

【新型】ダイハツ タント|肝いりの新プラットフォームと最新運転支援装備で、使い勝手を極限まで高めた軽自動車に超進化

【新型】ダイハツ タント|肝いりの新プラットフォームと最新運転支援装備で、使い勝手を極限まで高めた軽自動車に超進化
▲2019年7月に発売になった新型のダイハツ タント。小さな子供から高齢者まで、あらゆる世代の暮らしにぴったりはまる「新時代のライフパートナー」[全文](19-08-15)

ダイハツ車の地域情報

地域別の中古車情報・人気車種情報など

北海道

北陸・甲信越