中古車情報を検索するならカーセンサーラボ
produced by recruit
クルマカタログクルマカタログ 車検と整備に関して、最低限知っておきたい知識を10項目にまとめました。
カーセンサーラボ基礎知識車検&整備 > 種類

中古車に関する基礎知識

種類〜車検&整備〜

車検を通すいろいろな方法
自分で車検を通すか、人に頼むかので値段も手間も変わる

車検を通すといってもその方法は様々だ。ユーザーの立場から見ると、まずは大きく2つに分けられる。一つは自分で車検を通す。もう一つは誰かに任せるということだ。

分で車検を通すというのは、その言葉通り自分で整備を行い(もちろん費用を払い整備工場に依頼するのも可)、自らが検査場で検査ラインを通すということ。最大のメリットは誰かに委託した場合に発生する費用(車検代行費用)を削ることができ、車検を実費の支払いのみで済ますことができる点だろう。その反面、ある程度の知識が必要なうえ、検査を受けるための手続きや検査場への持ち込みなど時間と手間もかかる。さらには自分自身でクルマの管理責任までも負うことになるということも覚えておきたい。
して誰かに任せる場合には、クルマを購入したディーラーやショップに任せる、車検代行専門店に任せる、ガソリンスタンドなどにユーザーの代行をしてもらうなどといった方法や、直接民間車検場に持ち込むという選択肢がある。メリットとしては整備を行える業者に頼むことで、しっかりとした整備が行われるということ。また時間や知識が無くても任せておけば何事も無く車検を通って愛車が戻ってくるという点だ。その反面、代行してもらうための手数料や整備工賃なども必要になり車検実費以外の費用が必要になってくる。

ちらにしても結果として車検を通って戻ってくるわけだが、車検本来の目的を考えると、やはりしっかり整備を行った上で車検を通すのが一番重要になる。各部を点検し、消耗部品の交換などを行う定期的な点検として車検を位置づければ、ある程度の費用は当然のものと考えることもできるはずだ。もちろん知識があれば、問題ないのだが、あまり知識もなく、安くあげるという目的だけでユーザー車検を選ぶのは大きなリスクを背負うことにもなりかねない。不合格ともなれば再検査になるし、時間も費用も余計にかかってしまうような場合だってありうるのだ。

検を通す場合、まず自分にとってどのような方法を選ぶのが良いかをしっかり考えるようにしたい。そして様々なケースを想定し、代行費用や整備費用など見積もりを出してもらうのも良いだろう。様々なデータを集めることで、自分のクルマにぴったりの整備内容と、予算に見合う費用で車検を通す方法が必ず見つかるはずだ。