中古車情報を検索するならカーセンサーラボ
produced by recruit
クルマカタログクルマカタログ 車検と整備に関して、最低限知っておきたい知識を10項目にまとめました。
カーセンサーラボ基礎知識車検&整備 > 車検

中古車に関する基礎知識

車検について〜車検&整備〜

なぜクルマに車検が必要なの?
安全性、環境適合性を維持するために必要な点検

車検とは法律で定められたクルマの定期検診のようなもの。検査にクリアすると自動車検査証、つまり車検証が発行される。車検証はクルマの登録を表すものと思っている人も多いと思うが、本当は検査にクリアしているという証明書なのであり、当然のことながらこの車検証がないクルマは公道を走れない。

ぜ車検が必要なのかと言うと、クルマは長く使用することで劣化や消耗をさけられず、そのままの状態で走行を続けると、保安基準に適合しなくるのはもちろん、走行時の危険性も増すことになる。そこで、定期的に行われる検査、つまり車検を設けることで保安基準との適合性を確認しているのである。自動車の構造・装置を定期的にチェックすることにより、自動車の安全を確保し、円滑な道路交通の確保と省エネルギー化を図るという目的が車検にはあるのだ。
検と言っても道路運送車輌法には、新車時の新規検査のほか、自動車の長さ/幅/高さ/最大積載量などの数値が変わるような改造をした時に受ける「構造変更検査」、各部位を徹底的に分解し確認する「分解整備検査」、2度目以降の車検を受ける「継続検査」などの種類がある。一般的には車検といえば継続検査を意味している場合が多い。

検のサイクルは、新規登録の自家用乗用車で3年、自家用乗用車や大型特殊自動車、軽トラックで2年、タクシー/営業用バス/トラック/自家用バス/幼児専用車で1年ごとに受けなければならないことも覚えておこう。

検を受けていないクルマは法律上道路を走行することができないのは先程説明した通り。万が一車検が切れてしまった場合も同じだ。このような場合には、車検を通すためにディーラーやショップなどにキャリアカーで引き取りに来てもらうか、車検場までの移動を目的として自動車臨時運行許可証と仮ナンバーを発行してもらうことが必要になる。

ナンバーは、検査などの理由で車検切れのクルマを整備工場などに回送する場合に限り、例外としてその運行を認めるというもので、最寄りの市役所や区役所等で申請できる。審査にクリアすれば申請当日に斜め赤線が入ったナンバープレートと自動車臨時運行許可証を受け取ることができ、公道を走行できるようになる。仮ナンバーの許可日数は最長で5日間となるが、基本的に必要最小限の日数しか許可されず、使用後は仮ナンバーと自動車臨時運行許可証を即返却をしなければならない。

検を通すことはクルマを所有するものに課せられた責任である。車検を通すことで、クルマは初めて社会的に認知された乗り物になるのだ。間違ってもクルマが動くからと言って車検が切れたクルマでは走行しないこと。