中古車情報を検索するならカーセンサーラボ
produced by recruit
クルマカタログクルマカタログ 早わかりガイド:売却step.愛車を売却する時は
カーセンサーラボ基礎知識クルマ購入&売却早わかりガイド > 売却STEP.愛車を売却する時は

中古車に関する基礎知識

クルマ購入&売却ガイド

クルマ購入ガイド|Step1Step2Step3Step4Step5
クルマ売却ガイド|Sell
愛車を売却する時は
愛車の値段は自分の足で“探す”
クルマを手放す方法は大きく分けて「下取り」「買い取り」の2つがあります。「下取り」は次のクルマを買う販売店で、次期愛車の購入資金の一部に充てるというものです。「買い取り」は買い取り専門店などに買い取ってもらい、現金化する方法です。
愛車の値段は、お店によって異なります。時には20万〜30万円も差がついたりすることもあります。できるだけ数多くのお店を回って、一番愛車を高く評価してくれるところで手放したいものです。
売却時に必要な書類
自動車検査証(車検証)
そもそも車内に常備しておくことが義務づけられている大切なものです。万一紛失した場合は運輸支局に再交付してもらう必要があります。
自賠責保険証
自賠責保険が切れているとクルマを売却することはできません。これも紛失した場合は加入している保険会社に再交付してもらう必要があります。
実印
購入時同様、実印が必要です。売却したクルマの名義変更をお店に代行してもらうための委任状や譲渡証明書に捺印する必要があります。
委任状・譲渡証明書
名義変更をお店に依頼することを証明するのが委任状。クルマを譲渡することを証明するのが譲渡証明書です。いずれもお店が用意してくれます。
自動車税納税証明書
毎年5月に送られてくる自動車税納付書の領収書が必要です。紛失したら、各都道府県の税事務所で再交付してもらう必要があります。
名義人の印鑑証明
実印が市区町村に登録されているものであると証明するものです。購入時と同様、発行後3カ月以内のものが必要となります。
住民票
車検証に記載されている住所が、引っ越しなどで印鑑証明書の住所と異なる場合、車検証の住所から現在の住所になったことがわかるよう、住民票が必要となります。