中古車情報を検索するならカーセンサーラボ
produced by recruit
クルマカタログクルマカタログ 自動車ニュースでは、クルマに関連したニュースを随時お届けしています。
カーセンサーラボ自動車ニュース >レクサス RC【スクープ!】

自動車ニュース

レクサス RC【スクープ!】

(2013/03/21)

レクサス RC 予想イラスト|ニューモデル速報 スクープ!

プレミアムブランドにとって2ドアモデルは必須といえる。メルセデス・ベンツ C/E/CLクラスや、BMW 4/6シリーズ、アウディ A5シリーズなど、ドイツ勢はどのブランドもラインナップが充実している。レクサスもこのセオリーにのっとって、新時代のクーペを開発しているようだ

レクサスの新世代2ドアクーペ、その正体は

ハイパフォーマンスの「F」もラインナップか

2013年のデトロイトショーで華々しくデビューした新型レクサス IS。新型ではボディバリエーションにステーションワゴンが追加されるという噂が流れていたが、どうやらプロジェクトは凍結。代わりに登場することになりそうなのが、2ドアクーペだ。

現行モデルには格納式ハードトップを持つ2ドアのISコンバーチブルがラインナップされているが、次期モデルは固定ルーフ採用のオーソドックスなモデルとなりそうだ。実はこのクーペ、単なるISの2ドア版にとどまらず専用名称を持つ新型車となるという。

スクープ班が調べたところ、この新型2ドアはレクサス RCと名乗ることが判明。2014年夏に登場する予定であり、RC350、RC300h、RC200tの3モデルがひとまずラインナップされそうだ。

200tの「t」はターボを指す。レクサス NX200t/300hでお伝えしたトヨタの新世代ユニットである2Lのダウンサイジングターボを搭載したモデルだ。300hは、クラウンやカムリでおなじみの2.5L 直4+モーターのハイブリッドモデル。RC350は3.5L V6エンジン搭載車となる。

ひとまずこのラインナップでスタートするRCだが、とびっきりの隠し球が控えている。なんと、ハイパフォーマンスバージョンのRC-Fが投入される予定だという。パワートレインは、現行IS-F譲りの5LのV8エンジンと8速ATの組み合わせ。フロントフェンダーのワイド化や専用バンパーの採用により、機能性を追求したスパルタンな雰囲気になるだろう。

なお、RC-Fの投入に伴い、次期ISにはIS-Fは用意されない模様。新規モデルとなるRCのイメージを鮮明にする販売戦略上の狙いもあるのだろう。RC-Fは、この手のハイパフォーマンス車のセオリーどおり、標準車より1年ほど遅れて2015年にデビューすると思われる。

※2013年3月21日現在における新型車の発表についての予測記事です。発表を保証するものではありません

2013年デトロイトショーでデビューした新型IS

2013年デトロイトショーでデビューした新型IS

現行ISに用意されるコンバーチブルモデル

現行ISに用意されるコンバーチブルモデル

予想発表時期2014年8月
全長×全幅×全高4600×1810×1415(mm)
搭載エンジン2.5L 直4+モーター、
3.5L V6ほか
■Photo&Text/マガジンX編集部 

【ブログ・HP用のタグ】

随時更新