中古車情報を検索するならカーセンサーラボ
produced by recruit
クルマカタログクルマカタログ カーセンサーラボ内のアウディの情報を集めました
カーセンサーラボメーカー一覧アウディ

アウディ「Audi」情報

アウディ

ドイツの先進プレミアムブランドとして名を馳せるアウディの起源は1910(M43)年まで遡れるが、現在の母体となる「アウトウニオン」が結成されたのは32(S7)年のこと。アウディ、DKW、ホルヒ、ヴァンダラーの4メーカーが連合し、エンブレムには4連シルバーリングが採用された。64(S39)年にはフォルクスワーゲンの傘下に収まり、同グループ内の技術の中枢を形成。85(S60)年にアウディAGが発足すると、VWグループ内のプレミアムブランドとして位置づけられるようになった。

アウディの人気車種 & オススメの中古車

アウディの中古車を探す
アウディ A3スポーツバック

新着台数

11台
A3スポーツバック

Wi-Fi接続ができるプレミアムコンパクト アウディのプレミアムコンパクトハッチバックの3代目。熱間成形スチール素材とアルミニウムを組み合わせたアルミハイブリッド構造などの最新の超軽量化技術によって、従来型より最大60kgも軽量になっている。ホイールベースが60mm長くなり伸びやかなエクステリアになったほか、後席の居住性も向上している。装備面では、日本初となるWi-Fi通信が可能なインフォテイメントシステム「アウディコネクト」を採用。ナビにグーグルの各種サービスを表示できるほか、最大8台のポータブルデバイスを接続できる。パワートレインは、2種類の出力特性を持つ1.4L+7速Sトロニックと1.8L+6速Sトロニック。前者はFF、後者は独自の4WDシステム、クワトロが組み合わされる(2013.9)

A3スポーツバック 1.4 TFSI
アウディ A4アバント

新着台数

5台
A4アバント

技術と美の融合を目指したステーションワゴン アウディのブランドテーゼである「テクノロジーとデザインの美の融合」を体現したプレミアムステーションワゴン。2016年2月にフルモデルチェンジされた、A4セダン同様にモジュラープラットフォーム「MLVevo」をベースにゼロから再設計された。最新の予防安全システム「アウディプレセンス」など、最新のテクノロジーが投入されている。走行抵抗の削減を主要テーマに掲げ、軽量化に取り組むとともに、エアロダイナミクスの最適化にも取り組んだことで、ワゴンボディではトップクラスのCd0.26(欧州仕様)が実現されている。エンジンは2Lの直噴ガソリンターボ、2.0TFSIで、FF車は190ps/320N・m、4WD車は252ps/370N・mを発生(2016.4)

アウディ A4

新着台数

7台
A4

テクノロジーとデザインの美を融合させたミディアムセダン 「テクノロジーとデザインの美」を魅力的な形で融合させたスポーツセダンとして、世界累計1200万台以上の販売実績を誇るアウディの看板モデル。モジュラープラットフォーム「MLB evo」をベースに、独自の安全システム「アウディプレゼンス」が投入されている。Cd値0.23を達成したエアロダイナミクスや軽量化などにより、燃費とCO2の排出削減を実現。エンジンは最高出力190ps/最大トルク320N・m、同252ps/370N・mを発生する2種類の2L直4直噴ターボで、組み合わされるトランスミッションはいずれもツインクラッチの7速Sトロニックとなる。バーチャルコックピットなど独自のインターフェイスが与えられた(2016.2)

A4 2.0 TFSI クワトロ スポーツ Sラインパッケージ 4WD
アウディ Q5

新着台数

7台
Q5

モジュラープラットフォームが用いられたミドルサイズSUV アウディのプレミアムミドルサイズSUVの2代目。新しいMLB・evoモジュラープラットフォームをベースに、メカニズム、デザインを一新。ボディサイズを若干拡大させつつも、従来型比?60kgの軽量化が図られている。インターネットからの情報サービスやWi-Fiスポット機能などが備わるコネクティビティー機能も標準装備された。エンジンは最高出力252ps/最大トルク370N・mを発生する2L直4ターボのTFSIエンジンを採用。ミッションはツインクラッチ式の7速Sトロニックとなる。駆動方式はアウディ独自のフルタイム4WDシステムであるクワトロが採用され、刷新されたシャシーとの組み合わせにより、ハンドリングと乗り心地が高度なレベルで両立されている(2017.10)

Q5 2.0 TFSI クワトロ 4WD
アウディ A1スポーツバック

新着台数

5台
A1スポーツバック

全方位にわたって進化した、プレミアムコンパクトハッチの2代目 8年ぶりに2代目へとフルモデルチェンジされた、プレミアムコンパクトハッチバック。95mm延長されたホイールベースにより、上位セグメントに迫る居住空間が実現された。荷室容量も従来型比+65Lと大幅に拡大された。また、運転支援システムも上位モデル譲りの内容が与えられた。レーダーセンサーで前方を走る車や、道路を横断する歩行者などを検知し、警告または必要に応じて緊急自動ブレーキを作動させる、「アウディプレゼンスフロント」が全車に標準装備される。エンジンは、1L直3と1.5L直4の2種類が設定された。後者には気筒休止システムも採用され、効率を追求。組み合わされるトランスミッションは、全車7速Sトロニックとなる。(2019.11)

A1スポーツバック 1.0 TFSI
アウディ TT

新着台数

13台
TT

約9年ぶりにフルモデルチェンジされたコンパクトスポーツ 初代発売以来、累計50万台以上が販売されたアウディのプレミアムコンパクトスポーツモデルの3代目。エクステリアは、アーチ型ルーフラインなど従来モデルのアイデンティティを踏襲しながらも、6角形のシングルフレームグリルが採用されるなど、アウディの新世代モデルであることが強調されている。搭載するエンジンは2L直噴ターボの2.0TFSI。最高出力は230psで、最大トルクは370N・mとなる。組み合わされるミッションは、ツインクラッチ式6速のSトロニック。駆動方式は、FFと独自の4WDシステムであるクワトロを選択できる。また、クラス初のフルデジタル多機能メーターとアウディバーチャルコックピットも採用されている(2015.8)

TT クーペ 2.0 TFSI クワトロ 4WD
アウディの中古車を探す

アウディ車の地域情報

地域別の中古車情報・人気車種情報など

北海道

北陸・甲信越