中古車情報を検索するならカーセンサーラボ
produced by recruit
クルマカタログクルマカタログ カーセンサーラボ内のアルファロメオの情報を集めました
カーセンサーラボメーカー一覧アルファロメオ

アルファロメオ「Alfa Romeo」情報

アルファ・ロメオ

アルファロメオの起源は1909(M42)年にイタリアーナ・ダラック社というファクトリーを実業家たちが買収したことに端を発する。新しく立ち上げた会社の名称はSocieta Anonima Lombarda Fabbrica Automobili(ロンバルダ自動車製造会社)。ALFAはこの頭文字をとったものである。15(T4)年には実業家のニコラ・ロメオが経営権を手中に収め、このときからクルマのエンブレムに「ALFA-ROMEO」と刻まれるようになった。97(H9)年からはフィアットの傘下に収まり、独自のプレミアムブランドに昇華する。

アルファロメオの人気車種 & オススメの中古車

アルファロメオの中古車を探す
アルファロメオ ジュリエッタ

新着台数

3台
ジュリエッタ

伝統の名車が30年の時を超えて復活 第二次大戦後の1955年にデビューし、アルファ ロメオの屋台骨を支えた人気モデルであるジュリエッタが、新たにFFのCセグメントハッチバックとして復活した。フロントバンパーと一体化した盾形グリルのフロントマスクやクーペを連想させるスタイリングなど、シャープで存在感あるスタイリングを実現。インテリアも、イタリアブランドならではの吟味された上質な素材が使用されている。パワートレインは、弟分であるミトにも搭載される1.4Lマルチエアターボと、1.8Lの直噴ターボ。1.4L車には、ミトにも搭載されるツインクラッチの6速TCTが、1.8L車には6速マニュアルミッションが組み合わされる。(2011.11)

ジュリエッタ クラシカ
アルファロメオ ステルヴィオ

新着台数

2台

価格予測

ステルヴィオ

アルファロメオ初となる、プレミアムSUV アルファロメオ初となるプレミアムSUV。同車のDNAともいえる、優れたスポーツ性能が与えられており、ドイツのニュルブリンク北コースにおいて、量産SUV最速のタイム7分51秒7のラップタイムを記録している。エクステリアは、背高ながら、機能性にも優れた流麗なフォルムにより、上質かつ個性的なイタリアンデザインが具現化された。インテリアはレザー製の8ウェイパワーシートをはじめ、ヒーテッド機能付レザーステアリングなどにより、快適な移動空間を実現。スマートフォンとの連携が可能な最新のインフォテインメントシステムも採用される。エンジンは、最高出力280psを発生する2L直4ターボで、駆動方式は4WDとなる。(2018.7)

ステルヴィオ ファースト エディション 4WD
アルファロメオ 4C

新着台数

-
4C 107th エディション
アルファロメオ アルファブレラ

新着台数

-
アルファブレラ

リアスタイルは一度見たら忘れない アルファ159の最新のプラットフォームを採用したスポーツクーペ。ジウジアーロとの共同作業による外観デザインは、フロントは6連のヘッドライトを採用し159と同じだが、スタイリッシュなリアビューは類を見ないほど個性的だ。エンジンは2.2Lの直4と、3.2LのV6の2種類で、いずれも直噴仕様だ。2.2L車はFFで、3.2L車はフルタイム4WDのQ4となる。発売時点では左ハンドルの6速MT車のみの設定だ。内装にアルファテックスと呼ぶ独自の新素材やレザー、ポルトローナフラウ社製のレザーなどが用意される。スカイウインドゥと呼ぶ大型のガラスサンルーフの設定もある。(2006.4)

アルファロメオの中古車を探す

アルファロメオ関連のクルマニュース

アルファロメオからついにSUVが誕生! 『ステルヴィオ』の魅力は美しいイタリアンデザインとSUVとは思えないスポーティな走りである。

アルファロメオからついにSUVが誕生! 『ステルヴィオ』の魅力は美しいイタリアンデザインとSUVとは思えないスポーティな走りである。
▲7月21日に発売されたアルファロメオ初となるSUV『ステルヴィオ』 アルファロメオから初のSUV“ステルヴィオ”が発[全文](18-08-06)

アルファロメオ車の地域情報

地域別の中古車情報・人気車種情報など

北海道

北陸・甲信越